出会いのきっかけ

「出会いがない」という声をよく聞くが、恋人や結婚相手とは、一体どこで出会うのだろか。
男女の恋愛事情を明らかにすべく、リクルートブライダル総研では『恋愛観調査2014』を実施。
調査の中で「出会いのきっかけ」に関するアンケートを行い、男女の出会いの実態が明らかとなった。

出会いのきっかけ、第5位までは男女共通!

第1位:同じ会社や職場
第2位:同じ学校やクラス
第3位:友人の紹介
第4位:サークルや趣味・習い事の活動を通じて
第5位:二人もしくはどちらかの仕事やアルバイトを通じて

特に第1位の「同じ会社や職場」に関しては女性は30.4%が、男性が20.9%と、女性の出会いの場は、主に同じ職場であることが分かった。

第3位の「友人の紹介」以外は、元々2人が知り合いであるという結果であったが、そうでない場合や、共通の友人がいない場合では、どのようなことが出会いのきっかけになるのだろうか。

男性はSNSやインターネットが出会いのきっかけに

6位以降の出会いのきっかけは、男性の場合「SNS(6.2%)」「SNS以外のインターネット(5.1%)」であり、およそ10人に1人がSNSやインターネットを通じて交際相手と出会っていることが明らかになった。

パソコンに加え、スマートフォンの普及により、インターネットやSNSでの出会いがより身近なものになっているようだ。

女性はイベントやパーティー、インターネットが第6位

女性の場合は「イベントやパーティー」と「SNS以外のインターネット」が4.3%と、同率で第6位であった。
男性で6.2%であった「SNS」は、女性では約半数の3.7%に留まっている。

直接会えるイベントやパーティーは、友達同士でも参加することができるため、女性が参加しやすいのかもしれない。

お見合いや結婚相談所ってどうなの?

今話題の「婚活」。「お見合いや結婚相談所」は、男性で1.6%、女性で0.7%であった。
男性の方が、「お見合いや結婚相談所」を出会いのきっかけとして利用している割合が高いことが分かった。

新しい出会いが欲しいが、知り合いや友人に頼れない…
そんな時は手軽にトライできるSNSやアプリ、インターネットなどで出会いの場を求めてみるのも良いかもしれない。

[PR]
by kitaikekkon | 2016-06-09 09:45
<< 名刺の社員 婚カツ >>